製造物責任」記事に頂いたコメントについて

コメント全般について

少々大人げない気もするのですが、間違いを放置して誤解を招きたくないので、こちらで頂いたコメントについての間違いや、認識のずれ、曖昧さ等を指摘させて頂きます。

私は、頂いたコメントで議論が進むと考えていました、貴方からも途中で「議論をする気があるのか」と苦言を頂きましたが、貴方には議論をされるお気持ちはあったのでしょうか?
というのは、

・こちらからの質問に真面目にお答えいただけないこと。(例:はぐらかさないで欲しいです。

・曖昧なことばで、真意が読めないコメントが多いこと。(例:何を言わんとされているのでしょう

・貴方のコメントに根拠を示さない主張や架空の前提での主張が多いこと。(例:原告の立証範囲は

・まだ議論中の項目について、お互いの認識が一致していないのに、貴方の解釈で語られること。(例:サイクルベースあさひさんへの請求?

・貴方の間違いを素直に認められられないこと。(例:積極的に認めた事実はない

などから、議論というよりはコメントで貴方の主張を押し付けられたと感じています。

私が感じた具体例は、個別のコメントへの疑問や指摘でお示しします。

腐食したバルブコアの存在はご存じなのですね

まず前提として、確認させてください。
自転車屋のブログにコメントを頂いたので、「知恵袋・・・」さんは自転車業界に近い方だと漠然と思っていました。

これが例えば【あさひ】というキーワードで上位に表示され、あさひで買うときは気を付けましょうという話であれば一般ユーザーへの注意喚起になり社会的に意味があると思うのですが、それが達成された際は名誉棄損業務妨害といった問題になるでしょう。
ですから根本的な問題追及のやり方に疑問を感じるというのが私の意見です。
(163)知恵袋で回答させていただいた者です | 2018年9月20日 (木) 11時06分

他のコメントで多く(10回ほど)使われている「消費者」ではなく、顧客的意味合いの強い「ユーザー」という言葉で、区分されているので、「(163)知恵袋・・・」さんは自転車業界内でも製造より販売に近い方との想像は当たっていますか。
販売と修理を分業されている大手の販売店であっても、バルブの腐食は目にされていると思うのですが、実際に目にされたことはおありですか。
聞いたことがあるでもよろしいのですが、バルブの腐食をご存じなら、何が原因で腐食したのだろうとお考えになったことはありませんか。

バルブが腐食していない自転車(チューブ)には、スライムパンク防止剤が使われていないことに、お気づきではなかったですか?

頂いたコメントの中ではバルブ腐食の存在を認める記載は、ちょっとあいまいな記述ですが「消費者なら請求する権利がある?」が該当するでしょうか。
バルブ腐食の存在を疑われるのではなく、バルブの腐食とスライムパンク防止剤の因果関係の立証を求められるのは、当然、バルブ腐食の存在を認知されているからですね。

ところで、このような「(236)知恵袋・・・」さんの記載が在りますが、貴方の自転車のバルブは腐食していますか?

私はロードバイクにもママチャリにも乗りますが、パンク防止剤なんぞ入れません。
害しかないと思っているからです(チューブレスタイヤのシーラントを除く)。
(236)知恵袋で回答させていただいた者です | 2018年9月20日 (木) 01時03分

貴方の自転車のバルブは腐食していないと思いますが、貴方がご存じの腐食したバルブが付いていた自転車には、パンク防止剤が使われていませんでしたか?

命題の検証

当店の記憶に頼った記述でしたが、

スライムパンク防止剤がバルブ腐食を起こすという科学的な根拠を示せ。
サイクルベースあさひは被告で、腐食を言い立てる当店が原告だから、挙証責任は当店にある。


とのご指摘を頂きました。

論争の趣旨の扱いでのコメントの通り、一度はこのこの命題がすべてと認めて頂いたので、この記述で検証します。

科学的な根拠を示さなければならない理由として挙げられている「被告、原告」の表現が、現実に裁判を起こしているわけでは有りませんので、比喩的なものなのか、何らかの仮定によるものだと考えられますが、その点が明示されていない問題がまずあります。

知恵袋でも書いた内容ですが、結局あのこらさんは自力で科学的に立証するしかないんですよ。
あのこらさんが急にPL法を持ち出すから議論がおかしくなっていますが、あのこらさんはPL法上の被害者にはなり得ませんので、この法律を持ち出す時点で不適切です。
自分で科学的に立証というのは、PL法ではなく民法上の問題と解釈すべきだからです。
(163)知恵袋で回答させていただいた者です | 2018年9月20日 (木) 11時06分

東京地裁平成24年1月30日判決を読んで頂ければ明らかなように、民法においても、製造物責任(PL)法のように、欠陥と損害の因果関係について詳細な立証を求めない特則も有ります。

仮定や、比喩であっても、民法のどの条文によって、挙証責任を求めるのか、明示する必要がありますが、それもなされていません。
議論の中で、明示されれば、先に進む価値は出てくると思いますが、根拠となる民法の通り、明示して頂くことは有りませんでした。
前提が曖昧な条件で設定されているので、命題としては十分な条件を備えていません。

前提が十分な条件を備えていませんので、要求について検証する必要はないのですが、科学的な根拠を示せも間違いです。

もう一つ書くならば、【無いこと】を立証することは事実上不可能です。
だから腐食が起こらないとは証明できませんので、あさひはそう書いただけだと捉えるのが一般的な考え方ですよ。
(2)知恵袋で回答させていただいた者です | 2018年9月25日 (火) 14時00分

とご自身で言われている通り、ないことの立証はほぼ不可能ですが、科学的な証明の条件として、

スライム無しでバルブの腐食が自然発生する可能性についての検討、スライム入りだとそれがどう変わるのかの検討、ほかに関わる要素があるのかないのか、ほかに関わる要素があるとしたらどのように考慮したのか、ほかに関わる要素がないとしたらないと言い切れる理由などを述べないと訴訟に耐えきれるような因果関係にはなりません。

科学的立証についてもそうです。
あなたが示したのは、単に化学反応についての教科書レベルの話をしただけで、何の立証もしていないですよね。
どのような実験を行ったのか、その実験自体の信頼性はどれくらいあるのか、ほかの要素に左右されるのか、サンプル数はどれくらいで実験したのかなどそういう過程を経て立証ですよね。
単に化学反応を教科書から引っ張ってきて立証だなんて言われても、誰も信用しませんよ。
(168)知恵袋で回答させていただいた者です | 2018年9月21日 (金) 13時44分

「ほかに関わる要素がないとしたらないと言い切れる理由」とほぼ不可能な疑似相関関係が無いことの証明を望んでおられます。
ご自身が、不可能だと認識されている科学的な証明を当店に求められる意図は何でしょうか?
ほぼ証明不能な立証を求められているので、この点からも命題としては不適切です。

ついでに書かせて頂きますが、教科書レベルで説明できるバルブの腐食について、実験での証明を求められる貴方の立証についての考え方も理解できません。
教科書レベルでは説明できない事象に対して、実験での証明が必要というならまだ分かりますが、水素が燃焼したら水蒸気(水)なることにでも、実験結果を求められる方なのですか?

これは、命題と捉える意味もないのですが、貴方にとっては問題追及の方法の是正を求めるという意図もあったようですね。
何故、議論に値する具体性のない問題追及という言葉を使われたのでしょうか?
貴方にとって具体性が有ったとしても、当店としては記憶に残っていない指摘です。

コメントの検証作業で、ようやく「問題追及=メールの公開」らしいと思い至りました。
「知恵袋・・・」さんやroadbikenaviさんに関りがないと思われる、サイクルベースあさひさんのメールに、何故関わられるのかとの疑問は出てきますが、何故端的に「メール公開の根拠としている免責の4要素への疑問」と表現されなかったのでしょうか?