製造物責任」記事に頂いたコメントについて

因果関係の証明(自然科学)と立証(法学)

繰り返しますが、今時点ではあなたがやっていることはあさひに対する言いがかり以上の意味を持ちません。
何も立証していませんし、狭い経験談を語っているに過ぎないわけです。

それを本気でやりたいなら、きちんと立証するようなことを検討すればいいし、言いがかりレベルで終わっていいのなら今のままで続けたらいかがでしょうか?

大変失礼ながら、話がかみ合わない理由は、知識レベルの差だと思っています。
これ以上の議論は無益です。
投稿: (168)知恵袋で回答させていただいた者です | 2018年9月21日 (金) 20時00分

のコメントで、知識レベルの差を指摘されました。

ちょっと悔しいので、取り敢えず因果関係について調べてみました。

法学関係の方のサイトのようですが、

因果関係認定の4要素

という記事を見つけました、以下要約です。

「自然的因果関係というのは現実には証明が難しいものだ。」とまず書かれています。

4要素とは
①時間的先後関係
②相関性
③非擬似相関性
④メカニズム
だそうです。

 ①時間的先行性とは、必ず原因が結果に先行しているということである。

 ②相関性とは、同じ原因が生じれば、必ず同じ結果が生じるということである。

 ③非擬似相関性とは、2で証明された相関性は、別の要因によって連動して生じているわけでは無い、ということである(C→A・B)。

 しかし、この非擬似相関性の立証はものすごい大変で、100%の立証はほぼ不可能である。
見ての通り、非擬似相関性の立証は、擬似相関では「無い」ことの証明である。
無いことの証明は所謂「悪魔の証明」であって、我々の持つ「論理」という思考方法では立証不可能である。
というわけで、「因果関係がある」ことの証明は厳密には非常に困難である。
少なくとも、擬似相関を疑う姿勢は常に持っておくべきだと考える。

④のメカニズム構造というのは、因果関係を立証したと言えるためには、ダイナミックな「流れ」を説明できなければならないということである。

「知恵袋で回答させていただいた者です」さんの因果関係の立証に必要な考え方と同じかどうかは分かりませんが、

コメントで

スライム無しでバルブの腐食が自然発生する可能性についての検討、スライム入りだとそれがどう変わるのかの検討、ほかに関わる要素があるのかないのか、ほかに関わる要素があるとしたらどのように考慮したのか、ほかに関わる要素がないとしたらないと言い切れる理由などを述べないと訴訟に耐えきれるような因果関係にはなりません。
投稿: (168)知恵袋で回答させていただいた者です | 2018年9月21日 (金) 13時44分

と非擬似相関性に言及されています。

このように、自然的因果関係を証明するのは非常に難しいもののようですが、訴訟においては、

用語解説◇東大病院ルンバール事件

最高裁判所の判例が紹介されています。

「訴訟上の因果関係の立証は、1点の疑義も許されない自然科学的証明ではなく、経験則に照らして全証拠を検討し、特定の事実が特定の結果発生を招来した関係を是認しうる高度の蓋然性を証明することであり、その判定は、通常人が疑いを差し挟まない程度に真実性の確信を持ちうるものであることを必要とし、かつそれで足りる」。

裁判においてすら、一点の疑義も許されない自然科学的な証明は求められていません。

貴方が「狭い経験談」と否定された、経験則も是認されています。

貴方のコメントの「何も立証していません」と「経験談」の否定には、どんな根拠があるのでしょうか?
貴方の独自のお考えなら、せめてコメントに至る貴方の考え方の経過をお示しください。