自転車のパンク防止を考える

パンクを防ぐのは簡単ですが、難しいです。

 月一回、しっかりと空気を入れる。これだけです。簡単でしょう?
でも、習慣にして続けるのは難しいです。簡単にできるなら、自転車の修理屋はいりません。
当店でも、開業したころは感覚ですが、修理のご依頼の7割位がパンク修理のご依頼でした。今は半分以下になっています。
パンク修理でお伺いする都度、原因をお伝えして、空気が足りないときは月一回の空気入れをお願いしています。
それを守って頂いているお客様からは、その後パンク修理のご依頼が殆ど有りません。

 習慣になれば簡単ですが、習慣づけるのは難しいことのようです。

パンクの原因は

 一番最初に思い浮かべられるのが、「何か物が刺さった。」その次が「誰かにいたずらされた。」のようです。
その次に発せられるお言葉が、「何もしていないのにパンクした。」ですが、
実は、何もしていないから、パンクしたり、何もしなくてもパンクは起こります。
お客様によっては、「ごめんなさい、暫く空気入れをさぼってしまいました。」とおっしゃって下さいます。

 空気が少ないと、自転車のタイヤはつぶれます。当たり前ですね。そしてこれがパンクの原因になります。
タイヤは何層かの構造になっていて、チューブと接するところにカーカスというゴムを纏った布(すだれ)の層があります。
タイヤがつぶれる度に、チューブはこのカーカースに揉まれて、糸の跡が付き、削られて薄くなり、ついには穴が開いて空気が漏れます。
自転車屋用語で、「揉まれパンク」と言います。

自転車のタイヤの作り方の動画にカーカスの説明があります。