点検

ブレーキ

ブレーキレバーの余裕

 ブレーキをしっかり掛けた時に、ハンドルと指1本半の余裕があるか確認します。

ブレーキ調整

 余裕が無い場合、ワイヤーの張り(固定)を調整します。

ブレーキシュー

 摩耗度合いのチェックをします。
 溝が無くなっていたら、交換をお勧めします。
 シュー内部の金具が見えていたら、リムを損傷します、絶対に交換してください。

ブレーキワイヤー

 錆、ほつれをチェックします。 本来は、定期的に交換すべきなのですが、交換直後に切れることもあったりしたので、今は、ワイヤーの出入り口にグリスを注油することにとどめています。

タイヤ(ホイール)

タイヤ

 ヒビや摩耗のチェックをします。
 軽度なひび割れではあまり神経質になることは有りませんが、ヒビが拡がってきたら交換時期です。 摩耗については、「雨の日にカーブを高速で駆け抜ける」といったタイヤの限界性能を使う走り方をしない限りは、タイヤの溝がなくなっても まだ使えます

 接地面にひび割れがあったり、タイヤの溝がなくなるまで摩耗すると異物を拾いやすく、小さな異物でもパンクする可能性は高くなります。
パンクが続く際は交換をお勧めします。
摩耗もなく、ヒビもないのに、パンクが続く時は、タイヤに異物が残っている可能性が有ります。

 タイヤの内部の布が見えていると、いつパンクするか分かりませんので交換をお勧めします。

ホイールの回転

 前輪は自転車を持ち上げて、後輪はスタンドなどで浮かせて、車輪を手で軽く回してみます。
車輪が止まる時に、前後に揺れながら停止すれば、回転は正常です。
揺れずに止まる場合は、調整が必要です。

ホイールの振れ

 回転している時に、車輪が左右に揺れていないかチェックします。
2~3mmの振れなら、自転車屋さんに振れ取りを依頼してください。
極端に振れている場合は車輪の中心と外の輪を繋ぐスポークが折れていないかチェックします。

 1本でもスポークが折れていたら、スポークの交換が必要です。
そのまま乗り続けると、次々にスポークが折れる可能性が有ります。

ホイールのガタツキ

 車輪の中央を左右に動かしてガタツキがないかチェックします。
ガタついていたら、調整が必要です。

ライト

 ホイールの回転チェックと同時に、ライトの点灯もチェックしてください。

チェーン

注油

 あまり、注油しすぎると、ほこりを吸って、動きが重くなりますが、錆びさせるのは禁物です。
 油が切れて(乾いて)いたら、チェーン油、ミシン油などをチェーンに滴下し、チェーンを回して全体にいきわたらせた後、余分な油をぼろきれ等で拭き取ります。

弛み

 使用に伴って、チェーンの長さが伸びて、少しずつ弛みが出てきます。
 チェーン引きの調整で、弛みを解消することが出来ます。

修理

 修理のサイトはこちらです。

パンク

 パンクのサイトはこちらです。