本文疑義への回答

パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。(http://roadbike-navi.xyz/archives/6959/)
記事で提起された当店のスライムパンク防止剤被害低減活動への疑義について、以下の通り回答させて頂きます。

緑の文字はあなたの書かれた文章です。
過去に、器物損壊罪について記載された文章の引用の許可メールをお送りしたことが有りますが、ご返事を頂けなかったこと。
答えるつもりはないとの文言もあり、勝手に引用させて頂きました。

プロジェクトへの疑問に対する回答の補足に補足に一部記載した内容もあり、残っているものだけ、抜粋しています。

回答

<疑義1 修理費の請求根拠>

【20.07.17追記】

<疑義1 修理費の請求根拠>
そもそもですが、なんでA社はあさひに修理費の支払いを求めたのか、その根拠については疑わしい気がします。
というのも、スライムによってバルブが腐食していたからあさひの責任、ということで請求しているようですが、お客さんは被害者になりうるので根拠を示せば請求権があると思うのですが、C社は何ら被害を受けていないので請求する権限があるのかは疑わしいところです。

お客さんの代理人として請求していたのであれば、あさひに送るメールにも【〇Xさんの代理人】と書かないとおかしいですし、修理費用を要求する法的な意味がどこにあるかのかはちょっとわかりませんね。

それに対し、あさひが拒否するのは当然だと思われます。
根拠もなく請求する権限もないと思わしき人に、支払う義務はないからです。

大変失礼な言い方になるかもしれませんが、法的根拠もなくお金を請求するのはカツアゲと変わらないような気もしますが・・・

※カツアゲという表現は、刑法249条の恐喝罪、および未遂罪、刑法223条の強要罪、および未遂罪とは関係なく、【不当な請求全般】を意味しています。

パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。より引用
ブログ記事が削除されていて、根拠の見えない記述になっていましたので、本文からの引用を追加しました。

【ここまで】

プロジェクトへの疑問に対する回答の補足で回答済み

<疑義2 立証責任>

<疑義2 立証責任>
C社は製造物責任法を元に、被害者は因果関係だけ説明できればよく、製造者に立証責任があるという論調のようです。
しかしC社は被害者ではないので(被害者になりうるのはお客さんです)、PL法は適応外なのかなという疑問です。

民法上の損害倍請求でも、C社が損害を受けているとは思えない(むしろ朱里費用で工賃などを頂いても儲けている立場)ので、請求する根拠は疑わしい気がします。

見た印象ではC社があさひに請求する権利がないと思うので、何か問題を提起したいなら自分で立証していくしかないと思うのですが・・・
立証の問題と、原告適格の問題を折り混ぜて記載するのはどうかと思います。

立証については、原告の扱いで、請求については権利がないとするのは、矛盾しませんか?
でも、X(知恵袋で回答させていただいた者です。)氏にとっては、きっと、それはそれ、これはこれで、矛盾しないのでしょうね。
だから、製造物責任法では原告適格はないと言いながら、スライムパンク防止剤がバルブを腐食することは立証しろといい続ける事が出来るんですね。

・原告適格

しかしC社は被害者ではないので(被害者になりうるのはお客さんです)、PL法は適応外なのかなという疑問です。

民法上の損害賠償請求でも、C社が損害を受けているとは思えない(むしろ修理費用で工賃などを頂いて儲けている立場)ので、請求する根拠は疑わしい気がします。

おっしゃる通り、私には、PL法においても、民法においても原告適格はありませんので、裁判等で争うつもりはありません。
よく読んでいただければ、騒動?(何人か感想は頂いていますが、たった二人のはずの議論です。)の中で、そのように返答しています。

<疑義1 修理費の請求根拠>
でも述べたように請求はしておりませんので、根拠が疑わしいと述べられても回答は不能です。

・立証責任

原告適格のない私に、
「スライムパンク防止剤がバルブ腐食を起こすという科学的な根拠を示せ。
サイクルベースあさひは被告で、腐食を言い立てる当店が原告だから、挙証責任は当店にある。」

と言い出したのは、X氏です。

上記で述べられた通り民法上の原告適格がないとお分かりなら、最初の命題が間違っていると指摘してあげるのが、X氏へのやさしさではないですか?
そもそもX氏は何故私に立証を求められ、原告適格を欠くと認識されているあなたからも立証を求められるのですか?

何か問題を提起したいなら自分で立証していくしかないと思うのですが・・・

あなたも経験は何の証明にもならず、立証は自然科学的な証明によらなければならないとのお考えですか?
書いているのは、経験に基づいた事実です。

そして、多くの自転車屋さんが同じ経験をお持ちです。

問題提起に、立証というハードルを何故持ち出されるのでしょう。
スライムパンク防止剤がバルブを腐食させる。」という私の発言は間違いですか?

スライムが本当に腐食を起こすのか、チューブ20本くらい買ってきてスライム入りと無しで1年後の様子、2年後の様子を見るのでもいいでしょうし、実際にどれくらいスライム被害があるのかは知りませんが、一つ一つ記録を取って検証するとか。

と提案頂きましたが、

世の中に存在するスライムパンク防止剤が注入されていないタイヤと、スライムパンク防止剤が入ったタイヤを無作為に抽出して得られた、パンク防止剤が入ったタイヤでのみバルブの腐食が発生しているとの経験は、検証にはなりませんか?
これに統計上の有意差を認められませんか?

X氏のような方のために、法的な因果関係の証明に挑戦してみましたので、
こちらの記事の一読をお願いいたします。
因果関係の証明(自然科学)と立証(法学)
事実的因果関係と相当因果関係

最後にもう一度、

経験に基づいてブログを書き、サイトを運営しています。
立証って必要ですか?
間違った記載があれば、理由を示して間違いを指摘してください、納得できる理由であれば記載を修正します。

<疑義3 サイト管理者としての姿勢>

・IPアドレスの公開について

「騒動の流れ」の中で

X氏は複数のPCを使い可変IPアドレスだから知らないし、そもそもIPアドレスを無断で公開するのはサイト管理者としてのマナーもないのか?と激怒
と複数のPC表現されていますが、
今は事業所(といっても一人ですが)のPCから書いており、昨日は自宅のPCから書いております。 そしてこの事業所のPCからここに書いたことはあるはずですが??

投稿: 知恵袋で回答させていただいた者です | 2018年9月25日 (火) 13時48分

とコメントされており、複数ではありますが、正確には2台のPCのはずです。

可変(動的)IPアドレス講座にX氏がコメントされた際のIPアドレスの上位2バイトのみを並べていますが、複数人で一つのアカウントを名乗って、議論を仕掛けていることを示すのに、IPアドレスを示す以外の証拠は何がありますか?

マナーの問題ではなく、自衛の処置です。

・メールの公開

あさひが公開しないでくれと言っているメールを公開するのも、個人的にはどうかと思います。
メールも著作物になる可能性がありますし、許諾を得ないまま転載は結構マズイです。
公共性がある場合は転載してもいいなど条件が付く場合もありますが、修理費を請求して断られた話に公共性があるのかは疑問です。

「騒動の流れ」の中で

C社があさひに対し、【お客さんのパンクの原因はスライムによるバルブコアの腐食だから、修理費はあさひに請求したいとメールを送る】
と書いてくださっていますが、

修理費はあさひに請求したい→修理費支払いのためのエビデンスを提示して欲しい
に訂正して頂いて

こちらなら、公共性は出てきますか?
ついでに言えば、最初から回答の公開を求めて問い合わせをし、何度も公開の許可をお願いしています。

下記サイトに書いたようにメールは、著作物と認識して扱うよう、気を配っています。

電子メール公開の可否?

消費者契約法になんちゃら・・・

ずいぶん前に読者様から教えてもらった、ママチャリのパンク防止剤、スライムというものの問題点をつついている自転車屋(?)があるのですが、時々暇つぶしに見ています。
スライムを入れて販売することが消費者契約法になんちゃら・・・とか主張しているようですが、独自の法解釈はまあいいとして、そういう主張の裏づけがないから信用度が低いのかなと思って見ています。【~20.07.15追記】
独自の法解釈はまあいいとして、そういう主張の裏づけがないから信用度が低いのかなと思って見ています。
消費者契約法がどうこういうなら、過去の判例ではどう判断されているかなど、裏づけがない主張は無意味です。
【20.07.15追記~】この自転車屋さんは恐らく、信念をもって、スライム問題(?)の啓蒙活動(?)をしているのだと思います。
教えてくれた読者様も言ってましたが、【根拠が希薄な理論で、憂さ晴らししているようにしか見えない】みたいなことを言ってましたが、正直同感です。

ネット上でサイトを開いて、問題だと騒ぐのであれば、もう少しその理論の根拠を示さないと、ただの憂さ晴らしレベルに終わります。
消費者契約法がどうだとか言うなら、消費者契約法の過去の判例でも調べて、このように判決が下ってるなどと根拠を示さないと、正直憂さ晴らしレベルにしか見えません。

ロードバイクが欲しい!初心者向けナビ 
イチイチ分けるほどでもない雑談を。(https://roadbike-navi.xyz/archives/9446/#i-3)より引用

過去の判例がないことを調べられた上での発言でしょうか?
不法行為と断定できるだけの裏付けがないから、可能性を示唆して居るだけですが、これらを問題提起ではなく主張と表現されますか。

【20.07.15追記】
記事を投稿されたのは2019.06.17です。
それ以前に私が書いた消費者契約法の関連記事はこの3点です。
知っていますか?消費者契約法
防げるパンクの割合は?
出張修理と消費者契約法
3点目は自分への戒めですから、対象外だと思いますが、他の記事について、判例の提示が必要とされるのはどの部分でしょうか?
原典も示さず、批評する根拠はどこ書かれているのでしょうか?
原典の明示と、判例が必要とされる記述箇所の明示を求めます。
【ここまで】

器物損壊罪

スライムによりバルブの腐食を誘発したり、パンク修理できなくなってチューブ交換になるのは器物損壊罪になるのでは?という趣旨の言及がありますが、これは絶対にありえません。

その後の記事中で、ご自分の経験を披露されていますが、「消費者契約法になんちゃら・・・」で頂いたご指摘を読み返してみて頂けませんか。
人に求めるものと、ご自分がされていることを並べて、恥ずかしさを感じられませんか?

独自の法解釈を述べられるのも、それを経験で補足させるされるのも、私は認めます。
こんな考え方もあるんだと、参考にさせて頂きました。

ここで言いたいのは、
他人には求める厳格な基準を自分には適用除外とするやり方は、いかがなものでしょうか、
ということだけです。

根拠が希薄な理論で、憂さ晴らししているようにしか見えない

憂さ晴らしについてはご感想ですので構いませんが、「根拠が希薄な理論」については、根拠を明確にしていきたいので、具体的に何を指すのか教えて頂けると幸いです。

騒動の流れ

騒動?(何人か感想は頂いていますが、たった二人のはずの議論です。)の流れについても、多少補足したいところがありましたので、騒動?の流れへの私からの補足に記載しました。

関連記事

資料

改訂履歴

20.05.05 元記事が削除されていましたので、引用元表記をアーカイブに変更しました。
20.05.10 『「知恵袋で回答させて頂いた者です」さんとroadbikenaviさんの関係』を追加しました
20.05.22 アーカイブも削除申請されたようなので、ページのPDF印刷にリンクを変更しました。
20.05.26
著作権の公開権、複製権に抵触する可能性の指摘を頂きましたので、複製サイトのPDFへのリンクを削除しました。
引用であることの明記のため、削除されてますが元のURLを表記します。
引用であることの証明はWEBページのPDFを保管しています。
20.07.15 「消費者契約法になんちゃら・・・」引用部分を拡大し、追記しました。