チューブ取り出し手順

まず、チューブ内に残った空気を抜くことと、バルブを抜くためにバルブを分解します。
Kimg1698

ゴムのキャップは手で反時計方向に廻すと外せます。
Kimg1699
トップナットも手で外せるはずですが、硬く締まっている時は、プライや等で、挟んで回してください。

Kimg1700
トップナットが外れたら、バルブコアを手で引き抜きます。
まれに、虫ゴムが溶けていたリ、切れたりしていると手で抜けないことが有ります。

Kimg1702
*ここまでの手順は、バルブ交換の手順にもなります。*

バルブ固定ネジを10mmのスパナで緩めます、一旦緩めば、後は手で外せます。
Kimg1703 Kimg1704
(個人的には、バルブ固定ネジは、不要な部品と思っています。)

作業し易いように、スタンドに載せていますが、スタンドは無くても作業できます。
Kimg1705

バルブ位置に合わせて、タイヤにマーキングします。
Kimg1707 Kimg1708
異物でパンクした時に、チューブの穴位置とタイヤの位置を合わせると、異物が探しやすくなります。

タイヤをリムから外します。
Kimg1709
使うのはタイヤレバーで、レバーの爪をビードにしっかり掛けます。

3本のレバーを、手前にスポークがある位置に3ヶ所まとめて差し込みます。
Kimg1712 Kimg1714

順番に、スポークに引っ掛けます。
Kimg1716

タイヤが一部リムから外れれば、後は手でも外すことが出来ますが、全部タイヤレバーで外す方が怪我の危険がないのでお勧めです。
Kimg1717

タイヤが全周リムから外れたら、チューブを取り出します。
Kimg1720 Kimg1721
タイヤと張り付いていることも有りますが、少々強引に外しても、大丈夫です。

前輪の場合、ブレーキシューと干渉することも有りますが、チューブを出来るだけ拡げ平らにし、シューの部分を潜り抜けさせます。
Kimg1723 Kimg1724 Kimg1725

最後にバルブの部分が残りますが、
Kimg1726
バルブを押し込んでやるとタイヤの中に落ち込みます。

パンク修理は、こちらを参考に